ケータリング、仕出し、パーティー・法事料理・おせち料理は創業大正13年 歴史ある東京正直屋
ケータリング、仕出し、パーティー・法事料理・おせち料理は創業大正13年 歴史ある東京正直屋

ブログBLOG

今月のおすすめレシピ☆韃靼そば☆

こんにちは。
梅雨入りが発表されてからというもの、雨が続いていますね。
じめじめとした湿気で体調も崩しがちなこの時期には、身体を中から元気にするの韃靼そばで、さっぱりおいしい冷そばはいかがでしょうか。

≪冷やしぶっかけそばレシピ≫
13422290_10206586937620447_2208177841324875700_o

-材料1人前-
韃靼そば一束・麵つゆ・大根6cm位・ナス半分・しめじ半分・みょうが1本・大葉2枚・パプリカ黄、赤4/1づつ(彩りよくしたいときは三色
ってもきれいです。) ・めんつゆ大さじ3・白ごま少々

1.大根をおりろすして水分を絞る。みょうが斜め切り、パプリカ縦にカット、しめじ2~3に分けて石づきをとる、大葉は千切りにする。ナスは中まで火が通るように鹿の子切り(交差するように斜め切りする)

2. 油を中温(170~180℃)180度に熱し、1.のナス、しめじ、みょうが、パプリカを素揚げして、油をきっておく。ナス・しめじは2~3分、みょうが・パプリカは1~2分を目安にさっと油を通すくらいにしましょう。
image1

3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、韃靼そばを3~4分ゆでる。ザルに上げて水気をきり、冷水につけて洗う。ザルに上げて水気をきりゆでる。ザルに上げて水気をきり、冷水につけて洗う。韃靼そばは歯ごたえがある方が美味しいので、ゆで過ぎないように、こまめにゆで具合を確認しましょう。
4.3のそばを皿に盛り、1.の大根に大葉をあえ、2.のナス・しめじ・パプリカ・みょうがを合わせて盛り、めんつゆをかける。最後にごまをふると風味が増します。
 素揚げした夏野菜が、韃靼そばの独特な香りと合わさってとても美味しい冷蕎麦レシピです。
夏にぴったりの冷やしぶっかけそば、ぜひお試しください。

《韃靼そばとは?》
一般的な普通そばに比べて、何十倍ものルチン(ポリフェノール)を含有してい て、カルシウム・鉄分などが豊富に含まれています。ルチンは、血液の流れをよくし、風邪の予防、肌のアンチエイジングにもなるといわれている注目の栄養素 です。もともと、明の時代以降、蒙古の本土に戻った元人のことを明の人達が「韃靼」と呼んで、そのダッタン部族の間で貴重な栄養源としていたことからその 名前がついたようです!

《美味しいお召し上がり方》
1. ふきこぼれない程度の大き目の鍋(約3L)に強火で沸騰させ麺を入れて箸で軽くほぐす。
2. 約3~4分ほど沸騰をつづけます。ゆですぎないように注意するのがポイントです。
3. 麺の芯がとれたお好みのゆで加減で火を消し、冷水(出来れば氷水)でよく水洗いして下さい
※ゆで汁が黄色くにごりますがこれはそば粉のルチンからくるものですので、ご安心して蕎麦湯としてお召し上がり下さい。

韃靼そばお試しはこちらへどうぞ↓

関連記事

ページ上部へ戻る