お料理レシピ☆蓮根饅頭

2017年8月4日

こんにちは。

このところますます暑くなって、夏らしいお天気が続いていますね。

 

 

間もなく、お盆の時期。

暑さ寒さも彼岸まで、とも申しますので、

本日はこの暑さも吹き飛ばす美味しいお料理レシピをご紹介致します。

 

 

今月の旬の食材は、「れんこん」。

れんこんは冬のイメージがあるかもしれませんが、

この季節は早掘りの新れんこんがスーパーにも並び始めますね。

 

れんこんの粘りは、胃腸の働きを助け、滋養強壮の効果もありますので、

暑さで食欲が落ちてきた時には、ぜひとも取りたい食材です。

 

真夏の暑さを乗り切るための蓮根レシピ、ぜひお試し下さい!!

 

 

蓮根饅頭(2人分)

蓮根饅頭1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>

大きめのれんこん1本、片栗粉少々、オクラ1本、なめこ小15個程度、カシューナッツ5~6粒

(あん)出汁7:薄口しょうゆ0.5:みりん0.5

 

蓮根饅頭21.蓮根の2/3をすりおろし、残りをみじん切りにする。2つを混ぜ、水切りをする。

<水切り>中心を丸く型でくり抜いた1.5㎝厚の輪切り大根を巻簾に載せ、指で押してあげると形よく出来上がります。

 

2.粉をまぶし175度の米油で、中に火が通り表面に少々色がつくまで揚げる。

 

3.<あん>上記の割で作った汁100ccに、なめこと種を抜いた輪切りオクラを入れて沸かし、水溶き片栗粉を少々入れてとろみをつける。

 

4.あんを上にかけ、揚げて刻んだカシューナッツを上に散らして出来上がり。

 

《揚げ方のポイント》

油の音で見分けます。揚がるきると油に浮き、ぴちぴちと音がします。


 

もちもちの触感と、カシューナッツのかりかりが面白く、和食の優しいお味でした。

出来上がった見た目よりもずっと簡単に美味しくできますので、

早速ご自宅でトライしてみてください。

 

 

 

<今回のレシピの考案者>

銀座割烹里仙 鈴木良二料理長

 

ryoricho

数々の割烹、旅館で料理長を歴任し、宮内庁御用の料理人を多く輩出。

東京都に30人もいないような難関の”日本料理マイスター”の称号を持ち、日本料理研究会では師範を務める実力派。

銀座割烹里仙開店と共に総料理長に就任し、現在に至る。


 

<銀座割烹 里仙>

感じるを愉しむ

旬の食材を生かした至極の料理を愉しむ

洗練された盛り付けや吟味された器を愉しむ

 

side_rise_bana03-3569-1521

東京都中央区銀座八丁目8番7号

公式ホームページ http://risen.jp/