ケータリング、仕出し、パーティー・法事料理・おせち料理は創業大正13年 歴史ある東京正直屋
ケータリング、仕出し、パーティー・法事料理・おせち料理は創業大正13年 歴史ある東京正直屋

ブログBLOG

レシピブログ☆湯葉料理 さわらもどき

こんにちは。

9月になってからはすっかり秋の気候になり、涼やかな風が吹くようになりました。

秋といえば、食欲の秋、読書の秋、運動の秋などいろいろ楽しい季節ですが、

皆さん、今年はどんな秋にしたいですか?

 

さて、今月のお料理レシピですが、少し珍しいお料理のご紹介です。

「鰆もどき(さわらもどき)」という湯葉のお料理です。

さわらは「春の魚」と書くように、春から初夏が旬、また関東では、「寒鰆」といって真冬に食べることもありますね。

ところが、その旬と旬の間の時期に食べられる「さわら」。

一風変わっていて食感も面白い「さわらもどき」のお料理レシピ、ぜひご覧ください。

 

 

<湯葉料理 さわらもどき>

さわらもどき3材料>

長ネギ35g、生身(魚のすり身)60g、人参30g、板のり1/2枚、乾燥湯葉1/2枚(20センチ角)、木綿豆腐70g、ごま油 少々、生姜20g、塩 小さじ1/2杯、薄口醤油 小さじ1/2杯、大和芋おろし

【たれ】みりん108cc、薄口醤油36cc、白みそ36cc、卵黄2個分

【付け合わせ】山桃蜜、うなぎ辛煮

 

<作り方>

1. 長ネギと生姜はみじん切りに、人参とすりおろしておく。さわらもどき4

2. 生身、木綿豆腐、大和芋、長ネギ、生姜、人参をよくあわせる。

3. 広げたラップの上に戻した乾燥湯葉を塗り、板のりをのせる。

4. 湯葉を集めてさわらの形になるようにラップで巻き、90℃の蒸し器で18分蒸す。

5. 蒸し器から出したらよく冷まし、輪切りにする。さわらもどき5

※そぎ切りのようにすると、よりさわらの切り身の形に近づきます。

6. 網にかけ、たれを三塗りながら焼き上げる。

7. お好みの野菜や煮物などを添えて、完成。

 

見た目はまるでさわらの切り身のようですが、食べるとほんのり海苔の香がするまろやかなお味です。

青魚の独特な風味が苦手な方などにもオススメです。

ぜひお試し下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

<レシピ提供>

銀座割烹 里仙 鈴木良二料理長

鈴木良二料理長数々の割烹、旅館で料理長を歴任し、現在は銀座割烹里仙の開店当初から料理長として就任し、銀座の街に愛される割烹料理を提供していいる。

全国技能士会連合会認定の『日本料理マイスター』を持ち、日本料理研究会では師範を務める実力派の料理人。

 

銀座割烹里仙

里仙バナー

東京都中央区銀座八丁目8-7

03-3569-1521

※ご予約はお電話のみ承ります。

 

関連記事

ページ上部へ戻る