ケータリング、仕出し、パーティー・法事料理・おせち料理は創業大正13年 歴史ある東京正直屋
ケータリング、仕出し、パーティー・法事料理・おせち料理は創業大正13年 歴史ある東京正直屋

一歳のお祝い

ファーストバースディ(初誕生日)

ファーストバースディの由来とは?

昔の日本はお正月ごとに年をとる「数え年」で年齢を数えていて、誕生日自体はお祝いする習慣がなかったそうですが、赤ちゃんが無事に一歳まで健やかに育つことが非常に喜ばしいことだったため、特別にお祝いをしていたようです。それが現代にも残っているのでしょうね。

 

何をする?

《一升餅・餅踏み・背負餅》

初めての誕生日には、一歳まで成長したことを祝うと同時に、餅を使った色々な行事が全国各地に根付いていて、地域ごとに餅を使った様々な行事があります。

これは人間の一生と餅の一升をかけて、「一生丸く(円満)に長生きできるように」や、「一生食べ物に困らないように」という願いが込められています。一升の餅といえば約2キロの餅ということになりますが、厳密でなくとも大丈夫です。

背負餅の基本は風呂敷に包んだ一升餅を「背負って歩かせる」というものですが、「歩けたらおめでたい」とする場合と「転んだらおめでたい」とする場合があります。歩く、転ぶに関係なく、一升餅を背負うことで一生の重さを感じさせるためともいわれているそうです。

まだ一歳なので、歩けない子もいるでしょうし、よちよち歩きの子も多いでしょう。重いお餅を背負って歩く子はそんなにおらず、重くて上手く歩けなかったり、泣き出す子が多いようです。あくまでもおめでたい行事ですのでご家族みんなで楽しく見守れるといいですね。

餅踏みは一升餅に立たせる行事です。一升餅を大地にたとえて、草履を履かせた足でお餅の上に立たせて、「しっかり地に足をつけて歩いていけるように」などの願いを込めます。

 

《選び取り(将来占い)》

選び取りとは将来占いとも呼ばれ、赤ちゃんの将来の職業などを占う行事です。赤ちゃんの前にいくつかアイテムを置いて、赤ちゃん自身が何を初めに手に取ったかで判定します。

一般的なアイテムとその意味です。

・そろばん・電卓 →商売の才能

・筆・鉛筆・文房具→芸術・物書きの才能

・差し金・巻尺など→職人の才能

・お金・財布   →金持ちの才能

現在では親の好みのアイテムを追加して置く家庭も多いようで、優秀な子になるようにと本を置いたり、プロ選手になって欲しいとサッカーや野球のボールを置いたり遊び心で取り入れているようです。

 

《一歳の記念の手形・足型》

一歳の小さくてかわいい手形や足型は、その時しかない貴重な思い出なので初誕生日の思い出作りとして取っておきたいものです。インクで色紙に残す方法の他に、粘土で取る方法もありますが、粘土の場合は紙粘土が良いようです。最近ではアート作品のようにデコレーションをしてお部屋に飾るのが人気上昇中です。インターネットで専門店もありますので、そちらで注文するのもよいでしょう。

 

《食事会》

ファーストバースデイは家族全員のお祝いの日です。初めて迎えるわが子の誕生日は、パパママにとっても親になって一歳の記念日です。おじいちゃんおばあちゃん、ご親戚と大勢でお祝いするのも素敵ですね。その場合、ご自宅に招いてみんなでお食事ということになると、大勢の料理を用意するのも大変です。デリバリーやケータリング、通販を利用するのもいいかもしれませんね。

ページ上部へ戻る