ケータリング、仕出し、パーティー・法事料理・おせち料理は創業大正13年 歴史ある東京正直屋
ケータリング、仕出し、パーティー・法事料理・おせち料理は創業大正13年 歴史ある東京正直屋

お食い初め

お食い初めは、赤ちゃんの時に行う、一生に一度きりの儀式・しきたりです。 一般的には、生後100日から120日ごろに行われる事が多いため、「百日祝い」(ももかいわい)とも言われています。 平安時代頃から続く、長い伝統がある儀式なのだそうです。 各地方・地域によってその呼び名や、やり方にもバリエーションがあり、箸揃え、箸祝い、歯固め、真魚始めなどとも呼ばれる事があります。 数ヶ月間、無事に成長してきた事に対するお祝いであり、終生、豊かな食生活を送れるようにと願う儀式です。 生後100日目頃は、ちょうど赤ちゃんの食事が、徐々にミルクから離乳食へと切り替わっていく時期であり、また、赤ちゃんによっては、そろそろ可愛らしい歯が顔を出し始める時期にも当たるかと思います。赤ちゃんの幸せを願う素敵なしきたりですよね。

お食い初めお膳の料理

お食い初めお膳の料理 お祝い料理の定番である、尾頭付きの鯛(焼き魚)、赤飯、そして、すまし汁(お吸いもの)、煮物、香の物といったところが、 一般的・基本的なお食い初めのメニューです。いわゆる一汁三菜の献立ですよね。 それぞれの料理については、その季節の旬な食材や、縁起の良いとされる食材を使用します。
具体的なお食い初めメニュー・献立については、各地方や家によってしきたりがあるかもしれません。例えば、鯛の代わりに他の魚や伊勢海老にしたり、ご飯を白飯や栗や豆のご飯にするお家もあるようです。

●お食い初めには食べる順番があります お食い初めの儀式のメインイベントは、赤ちゃんに「食べさせるまね」をさせる事です。 長寿を願う趣旨で、祖父母や親類の年長者の方にお願いするのがしきたりです。この役の人を「養い親」と言います。養い親は、 赤ちゃんを膝に抱いて箸を持って食べさせます。箸を赤ちゃんの口に運んで、触れる感じです。そして調べてみますと、 料理には食べる順番があるのだそうです。 ①ご飯 ②汁物 ③ご飯 ④焼き魚 ⑤ご飯 ⑥汁物 上記 ①~⑥ の順番を 3回繰り返すやり方があるとの事です。 この行事を終えた後、大人たちは食事を始めます。 なお、この順番による食べさせ方は、赤ちゃんを歯固めの石に触れさせた後に行うようです。

  • お食い初めの歯固めの石について

    歯固めの石 は、お食い初めにとって欠かせないアイテム、それは「石」です。
    生後100日経つと、乳歯が生え始める赤ちゃんもいる訳ですが、丈夫で健康的な歯に成長する事を願う意味で、 古来から行われていたようです。儀式のやり方は、お膳のお皿やお椀、もしくは杯などに小石を3つ載せます。 そして、小石に箸を付けてから、赤ちゃんの歯茎にそっと触れます。 小石は、何でも良いと言うものではないようで、神社の境内の石を用いるのが宜しいようです。
    例えば、お宮参りをしたときの神社などにいかれてみてはいかがでしょう。
    そして、お食い初め式を終えた後日には、神社の境内などへお借りした石を返しに行きます(奉納)。
    ちなみに地方によっては、梅干、栗、蛸を用いるお食い初めのやり方もあるそうです。

    歯固めの石
  • 日数の数え方について

    ところでお食い初めに関する日数の数え方については、誕生日を含めるかどうかで変わってくるわけですが、必ずキッチリと100日目に行わないといけないという 事は無いと思いますので、お食い初めの日数の数え方には、あまりこだわらなくても良いと思います。また、やり方も含めて、各地方のしきたりや、ご両親や年長者 の方たちの意見をご参考にされてはいかがかと思います。 しきたりのやり方伝統的・一般的なお食い初めのやり方としましては、お膳に料理を並べて、祖父母もしくは年長者が赤ちゃんを膝に抱いて、食べさせる「まね」をします。 そして、この儀式を終えた後に大人たちは食事を始めます。この時の料理のお膳のポイントとなる料理・アイテムは、鯛と石となります。

    歯固めの石

「お食い初めに豪華!伊勢海老を」
「お食い初めに豪華!伊勢海老を」

伊勢海老と鯛の共演、まさに満点のお祝い膳です。

お食い初め伊勢海老膳 伊勢海老と鯛の共演、まさに満点のお祝い膳です。 伊勢海老は、その独特の長いヒゲ、曲がった腰などから長生きの象徴とされ、また、脱皮を繰り返す事から、成長と新しく生まれ変わり続けるという験を担ぎ、また、鎧のような立派な姿形から武将の鎧を連想させ、勇ましさの象徴とされ、縁起のいいものとして扱われ、お祝い事には欠かせないものとなっています。一方、古来「人は武士、柱は檜、魚は鯛」と言われるほど、日本人にとって鯛は、姿、色、味と三拍子そろった魚の中の魚であるとされ、それに加えて、縁起の良い語呂合わせ「目出たい」に通じることから、古くから祝い魚の王道として位置づけられてきました。「お食い初め伊勢海老膳」は、そんな伊勢海老と鯛が豪華共演する、満点のお祝い膳です。

銀座の割烹「里仙」からお届け こだわり職人の想いをのせた絶品のお食い初め
銀座の割烹「里仙」からお届け こだわり職人の想いをのせた絶品のお食い初め

お食い初めのご注文はこちらから ご都合に合わせてお食い初めをご提供しております。お客様に合ったお届け方をお選びください。
お食い初めのご注文はこちらから ご都合に合わせてお食い初めをご提供しております。お客様に合ったお届け方をお選びください。

全国へお届けします!通信販売でお食い初め。 全国へお届けします!通信販売でお食い初め。

通信販売のお食い初め商品ラインナップ 通信販売のお食い初め商品ラインナップ

宅急便(冷凍)で全国へお届け!通信販売でお食い初め 詳しく見る

ページ上部へ戻る