子供の日(端午の節句)のお祝い料理

五月五日は子供の日(端午の節句)。古くは古代中国が起源といわれています。日本では、季節の変わり目である「端午の日」に災厄や病気を避ける為の行事が行われていました。男の子のたくましい成長と厄よけの行事であり、鎧兜や鯉のぼりは魔除けの守り神を意味しています。

子供の日(端午の節句)の縁起物といえば、菖蒲・ちまき・柏餅です。 菖蒲はちょうど端午の節句の時期に咲きます。昔から、葉の強い薫りが邪気を払い魔除けとして使われていました。そして柏の木は縁起がいいとされています。

子供の日(端午の節句)には、子供の好きな料理のメニューと、ちまき・柏餅を並べて子供の成長をお祝いしましょう。

おすすめ商品

正直屋がお勧めの厳選素材で丹念に作ったお料理をご紹介致します。こちらはオンラインショッピングでご購入できます。

商品メニューはこちら