ケータリング、仕出し、パーティー・法事料理・おせち料理は創業大正13年 歴史ある東京正直屋
ケータリング、仕出し、パーティー・法事料理・おせち料理は創業大正13年 歴史ある東京正直屋

やりがい企業 正直屋の歴史と企業としての姿勢

正直屋の歴史

正直屋グループの歴史は、大正13年(1924)9月16日、創始者・山﨑タメ刀自により創業された大衆食堂「正直家」を原点として今日に至っています。正直家(のち正直屋に改める)の創業に当たって創始者は「人様のお役に立つ働きをしたい」と念願し、終生その念願の実践に徹底されました。この創始者の願いと行動は、多年にわたる深い信仰の心から生まれたものであります。創始者の心は、創業者・山﨑城之助、山﨑トモに継承され、本格的に実践されて、社業の進展を大きく推進しました。以後、歴代の経営者並びに従業員は、創業の精神としてこれを引き継ぎ、営々としてこの実践につとめ続けてきております。この間に、お客様中心の発想と行動が社風として定着し、正直屋の精神的伝統を形成するに至り、昭和23年(1948)12月、株式組織のもとに再発足した正直屋は、創業の精神を企業活動として具現する事を目指し、多角的に事業活動を展開いたしました。創業当初の大衆食堂を基盤として、レストラン事業、給食事業の大型化を推進し、新しい時代の要請に応えて、ケータリング事業、イベント・パーティ事業への進出をも具体化しました。この間、地元への奉仕拡大の一環として、文教関連事業をも推進しております。このような社業の拡大発展に伴って、事業分野が多角化し、多数の従業員が広大な商圏に散在して活動することになり、企業としての統一的な経営姿勢を示す要請が高まったため、昭和52年(1977)、経営の理想を示す「経営理念」およびその実践規範として「社是」を成文化し、正直屋の信条とするところを内外に公表いたしました。

昭和56年(1981年)6月、株式会社東京正直屋を設立、創業の元始まりの地である東京に初進出し、ケータリング事業の本格展開を推し進めた。さらに平成3年(1991)には、経営理念および社是の主旨をより具体的に示すものとして、当社の向かうべき方向を「わが社の使命」として表明し、企業としての正直屋の信条を明確にしました。平成6年(1994)9月、正直屋は創業以来、満70年の社歴を刻むに至ったので、70年の歴史を回顧・分析して、正直屋が創業以来、一貫して堅持し継承してきました精神的伝統と、これを成文化した「経営理念」「社是」並びに「使命観」が、企業の信条として正しいということを確信しております。われわれは、この確信を基点として伝統の精神をさらに深め、具体的な経営活動として発展させ、次代を担う世代に対して、誇りを持って引き継ぐことができるように一層の努力を傾注しなくてはなりません。戦後、株式会社として、第二の創業を目指した正直屋は、平成10年(1998)12月に、設立満50年の記念すべき節目を迎えることが出来ました。この半世紀にわたる経営の成果を基盤として、新たな経営目標を定め、21世紀の市場に飛躍するため、正直屋は外食事業への本格的な進出を新たな柱として、第三の創業に挑戦すべく、固い決意をもって前進を開始いたしました。20世紀から21世紀へと新たな時代を迎え、経営環境がドラスチックに変化する中、平成23年(2011)3月11日、未曾有の大災害となった東日本大震災が発生、福島第一原発の放射能漏れという史上類を見ない甚大な原発事故を引き起し、さらには震災ショックによる経済活動の停滞や消費マインドの大幅な低下により、正直屋を取り巻く環境も大きく変化しました。

少子高齢化、消費行動の変化、異業種のケータリング・中食市場への参入、単価の減少、安全・安心へのニーズの高まりなどの環境変化に適応し、正直屋ならではの新たな需要を創造していくため、東日本大震災の翌年(2012)、創業88周年を期して、最新の冷凍技術を活用し、日本一の高級食品メーカーを目指すことを宣言、天然自然の理にかなった「本物の素材」「本物の味」「本物のおもてなし」を追求して日本の食文化を伝えるという理念と、最新の冷凍技術を融合させた料亭工場の稼働を開始いたしました。さらに同年、正直屋のコンセプトショップとして、「銀座割烹里仙」を東京都中央区銀座8丁目8番の地に開設、日本の食文化の発展と伝承、日本料理の未来を担う人材の育成や調理技術・知識の向上を図る一方、「正直屋ブランド」「里仙ブランド」の向上を目指した取り組みを始めております。平成25年(2013)、料亭工場および銀座割烹里仙の本格稼働により、冷凍おせちをはじめとする正直屋の高級冷凍食品が、一流料亭・料理屋・大手百貨店・大手通販会社を中心に飛躍的な拡大をみるに至っております。平成26年(2014)、創業90周年を期し、新たな成長戦略を推し進めるため、M&Aを視野に入れつつ、健康分野など社会性の高い新規事業開発を強化し、メガ&マルチフランチャイザー企業を目指す取り組みを開始いたします。我々は、長期事業構想に示した理想を実現するため、伝統の精神であるお客様第一の経営姿勢を貫き、変化に対応して自己の改革を重ねつつ、正直屋の使命達成に挑戦してゆかなくてはならない。このため、正直屋の社業に携わるすべての人々に、創業の精神を原点とする当社の信条を理解して頂き、新たな意欲のもとに、創業100周年へ向けた挑戦に立ち向かうものであります。

※創業100周年=2024年(平成36年)

正直屋の経営理念

正直屋の経営理念は「自然の理にかなった経営」。大正13年に創始者が「世のため、人様のため、お役に立つ働きをしたい」との念願から、大衆食堂「正直家」を創業して以来、累代継承してきた精神的伝統を根源とし、昭和52年に成文化。経営についての理想、経営活動に対する反省、お客様に対する発想と行動の原点、働くことの意義、従業員の実践規範となる経営姿勢、そして何よりも感謝と奉仕と報恩の心、こうしたものが全て経営理念の中に包括されており、経営にかかわるあらゆる原理・原則は自然の理にかなったものでなくてはならず、自然の理にかなわないことは断固として排除する姿勢をも表明しております。自然の理とは、自然界の法則のことであり、自然界というのは創造、生成、発展を繰り返しつつ、常に全体として大調和を保っております。様々な変化があっても、それによって自然界全体が消滅することはない。企業の経営というものも、マーケットの変化に対応して、内部的な変化はあっても、マーケットとの調和、お客様との調和を失わない限り、企業の生命が失われることはございません。従ってお客様第一の経営姿勢を貫くことは、企業生命を支えることにつながるものであるといます。

 

 

(株)正直屋グループ代表取締役
山﨑 正之 Masayuki Yamazaki

経営上の指針

正直は一生の宝

正直であるということは、人の一生を通じて保ち続けるべき宝のようなものだという教えがあります。正直であるということは、一生誇りとすることのできる精神的な宝です。

ロゴマーク 『Joyous Life』

Joyous Lifeとは「陽気ぐらし」のことで、物心ともに豊かに健康で長生きすること。陽気ぐらしの実現の求道と実践は、自然の理に叶った生活と姿勢で、日々丹精することです。その中で特に忘れてならないことは、「恩返し」です。親の恩、物の恩、天の恩、地の恩はもとより、当社の出入り業者はもちろん、お客様のご恩を忘れてはなりません。

お客様第一主義

お客様から頂く売上により、私たちはその恩恵を受ける事が出来ます。会社の真の支配者はお客様である。会社が生き残る道はただひとつ。変転する市場とお客様の要求を見極めて、これに合わせて我が社をつくりかえることしかありません。お客様の要求を満たすことは大変であることを肝に銘じ、ただひたすら要求を満たすことこそ会社のつとめです。企業はお客様の繁栄に貢献するため、企業自身が、何か一つでもお客様に喜ばれるものを提供する「誠意と誠実」が必要です。

①お客様に対する誠実さ

②職務に対する誠実さ

③自己に対する誠実さ

経営とは環境適応業であり、企業の評価はお客様によってなされます。企業の提案が受け入れられないのは、お客様の求めているニーズを解決しないからであり、成果が認められないのは、提供する商品・サービスが的確でないからです。お客様と共に、成長発展することの喜びを分かち合い、お客様がお客様を呼ぶ「善循環の関係」を築いていきたいと考えております。

凡事徹底(環境整備)

平凡を非凡に努める。あたり前の事を徹底してやりぬいていきます。そうじ、あいさつ、礼儀、取り組み方、どれを取っても社会の常識です。あたり前の事が出来ていない人に、立派な仕事は出来ません。「あたり前の事を一生懸命やる」これは、心を磨く一番の方法であります。一番の基本は環境整備(規律・整理・整頓・安全・衛生。誰でもできることだが、継続して徹底するとなると、なかなかできないものです。店や工場が薄汚れていては見えないところでお金がタレ流しになっていきます。モノを大切にできない会社は、時間の使い方にも無駄が多くなります。だから薄汚れている会社では利益が出せません。ISOやHACCPの取得も凡事徹底の一貫です。(規定要求事項を満たすために取り決めしたルールをきちんと守ることと、それぞれの活動に対して5W2Hの明確化、及び文書化すること=凡事徹底)

経営理念

正直屋の経営理念は「自然の理にかなった経営」です。大正13年に創始者が「世のため、人様のため、お役に立つ働きをしたい」との念願から、大衆食堂「正直家」を創業して以来、累代継承してきた精神的伝統を根源とし、昭和52年に成文化いたしました。

経営についての理想、経営活動に対する反省、お客様に対する発想と行動の原点、働くことの意義、従業員の実践規範となる経営姿勢、そして何よりも感謝と奉仕と報恩の心、こうしたものが全て経営理念の中に包括されており、経営にかかわるあらゆる原理・原則は自然の理にかなったものでなくてはなりません。自然の理にかなわないことは断固として排除する姿勢をも表明しています。自然の理とは、自然界の法則のことであり、自然界というのは創造、生成、発展を繰り返しつつ、常に全体として大調和を保っています。様々な変化があっても、それによって自然界全体が消滅することはございません。企業の経営というものも、マーケットの変化に対応して、内部的な変化はあっても、マーケットとの調和、お客様との調和を失わない限り、企業の生命が失われることはありあせん。従ってお客様第一の経営姿勢を貫くことは、企業生命を支えることにつながるものであるといえます。

繁栄の鍵

(第一節)お客様ありて正直屋あり

当社各事業はお客様によって成り立っており、お客様の存在が経営活動の全ての源泉である。お客様のニーズに即して、お客様の満足の創造に徹することが至上のつとめであることを示しています。

(第二節)正直屋ありて我々あり

お客様第一の経営活動を会社と従業員が一体となって推進すべきことを強調しており、前節と合わせて経営の基本姿勢を示しています。

(第三節)常に感謝と奉仕と報恩につながる

お客様に感謝し、お客様の繁栄を願い、お客様の満足の創造に奉仕することによって、会社・従業員も繁栄することができるのであり、お客様・会社・従業員が三位一体の繁栄を成し遂げる鍵は感謝と奉仕と報恩の心にございます。

(第四節)心の成人ありて正直屋の繁栄がある

心の成人とは、自己中心的な発想から脱皮して、感謝と奉仕と報恩の心を持つ人のことで、常に誠真実を込めて尽くしきることで、次第に成人の域に進むことができます。感謝、万物に対する思いやりを忘れず、自らの心の成人を目指して、豊かな人格の形成に努め、喜びに満ちた人生を創造しなくてはなりません。このような繁栄の鍵は一人一人の心の中にあって、これを開くことができるのは、心の成人を成し遂げた時です。

ページ上部へ戻る