お食い初めは男の子と女の子でどう違う?食器や服装などを比較

お食い初めの基礎知識

お食い初めは日本に古くから伝わる伝統的なお祝いですが、現代ではご両親が共働きだったりして、お食い初めのお祝いをしないご家庭もあるようです。しかし、赤ちゃんの健やかな成長を願う儀式でもありますので、ぜひともお祝いしてあげましょう。

ではお食い初めについておさらいです。

お食い初めとは?

赤ちゃんの生後100日くらいに、親や親族が鯛や赤飯の祝い膳(お食い初め膳)を食べさせる真似をする、歴史あるお祝いです。その始まりは平安時代からと言われていて、赤ちゃんが百日まで成長した事を祝い「一生食べ物に困らないように」と願いを込めて行います。地域によってももか祝いと呼んだり、呼び方や内容、やり方も様々で120日目にお祝いしたりする地域もあります。

 

お食い初めに必要なもの

まずは祝い膳やお食い初め膳と呼ばれる食事です。正式には一汁三菜の御膳とされています。献立には尾頭付きの鯛(魚)、煮物や香の物・吸い物・ご飯がありますが、地域によって内容も変わります。そして忘れてはいけないのが歯固めの石です。赤ちゃんの歯が丈夫に生えてくるように「歯固めの儀」をしますので、その時に必要です。地域によっては歯固め石の代わりにタコなどを代用する所もありますので、予め確認しておきましょう。また、祝い膳を盛り付ける器も必要です。この器ですが、男の子と女の子で色や模様が異なる場合が多いです。

お食い初めを行う際の男の子と女の子の主な違い

男の子の赤ちゃんと女の子の赤ちゃんでは用意するもの、お祝いのやり方が少しだけ違いますのでご紹介いたします。

 

養い親の違い

養い親とは赤ちゃんに料理を食べさせる真似をする大人の事を指します。一般的には長寿をあやかりお祝いの参加者で一番の年長者が養い親となりますが、赤ちゃんが男の子の場合は男性、女の子の場合は女性が養い親を務めるとされています。

 

食器の違い

一般的には漆器を使用するとされています。お箸は柳を使用した祝い箸を使うのが良いとされ、男女共通です。

男の子の場合

朱塗りの漆器で模様は縁起のいい文様を選ぶといいでしょう。勝負強さや礼儀正しさ、という意味のある菖蒲や日輪などがいいとされています。

 

女の子の場合

外側が黒塗りで内側が朱塗りの漆器で、優雅な文様を選ぶといいでしょう。花によって様々な意味のある花模様や華やかな束ね熨斗の文様などがいいでしょう。

 

服装の違い

お食い初めの際に「お色直し」と呼ばれる儀式を行う地域もあります。お色直しとは、これまで白い産着を着ていた赤ちゃんが、初めて色が付いたお洋服を着る儀式で、その時には色付きの小袖を着せる家庭が多く、母方の実家が贈るという習わしがあるそうです。

男の子の着物

黒やグレーの生地に鶴や松などの縁起物が入った柄のものが多いようです。

女の子の着物

朱色や赤に花模様など、女の子らしいかわいい柄のものが多く用いられています。

お宮参りとお食い初めを併せて行う場合には、赤ちゃんに白いドレスを着させますが、お食い初めだけを自宅で行う場合はお気に入りのベビーウエアなど、カジュアルな服装で行うのが一般的です。近年ではドレスやタキシードのように見えるベビーウエアを着せてお祝いする方もいらっしゃいます。お祝いの時でもよだれかけ(スタイ)は用意しておくといいでしょう。

 

お食い初めを上手に行うポイント

お食い初めは各家庭や地方によってやり方や用意するものが変わってきますので、予め色々な所から情報収集したり、買い物をする前に様々な関連商品をみておくといいでしょう。

 

地域の方法を事前に確認する

例えばお祝い膳の食器の色ですが、基本は男の子が全面朱塗りで、女の子は外側が黒塗りで内側が朱塗りですが、地域によってはこれが逆になる事もあります。また、お祝いするタイミングも生後100日目頃~120日目頃と約1カ月幅がありますし、お食い初め膳の内容やを食べさせる順番も少しづつ違ってきます。その違いを探すのも楽しいですが、失敗したくない、という方は事前に祖父母様や親戚の方に確認しておきましょう。

 

儀式を行う場所を検討する

いくつか選択肢があると思いますが、ご家族と相談して場所を検討しましょう。お店など外食では、メニューを考えたりお料理を準備する必要はありませんが、個室でなかったりすると周囲のお客様への配慮も必要になってきます。また、自宅で行う場合にはお料理を始め、全て自分達で準備をする必要がありますが、家族でゆっくりとお祝いする事ができます。

正直屋の仕出し料理のお食い初め

自宅で行う場合は仕出しセットが便利

子育てに忙しいママは食材から何から準備するのも大変です。そんな時は仕出しのサービスや通販も現在は味に申し分もなく便利で侮れません。仕出しや通販のお食い初めセットでは、食器と祝い膳がセットになっている場合も多く、女の子用・男の子用で食器の色も選ぶことができます。お料理の準備に時間や手間がかからないので、お食い初めの準備がスムーズに進むでしょう。希望日に配達してくれるので、使用する一週間前には予約しておきましょう。

 

男の子も女の子も準備は楽しい

男の子と女の子で器の色や文様が変わったり、着る物の文様が違ったりというのは準備するのも楽しいですね。文様の柄のひとつひとつに意味があり、その意味を調べてみるのもいいでしょう。その上で気にいったお膳や衣装が見つかるといいですね。お祝い事ですので、時期をみてお祝い出来るといいでしょう。

関連の記事

正直屋のお食い初め写真投稿キャンペーバナー