祝い箸の正しい置き方|お食い初めの儀式ではどう使う?

祝い箸ってどんな箸?と思う方もいらっしゃるかもしれません。ご自身が育った環境により、身近に感じる人もそうでない人もいるかと思います。小さい頃から、こういう行事の時はこのお箸を使う、と存在は知っているけど、そのお箸の名前までは知らない方も多いのではないのでしょうか。また、何でお祝いの時にその箸を使うのか意味を知らない方ももちろんいらっしゃると思います。今後も祝い箸を使う機会はあるかと思いますので、これをいい機会に祝い箸の知識を覚えておけるといいですね。

考えている女性の写真

そもそも祝い箸とは?

祝い箸とは、お祝いの時に使用するお箸の事を言います。祝い箸と言っても、様々な呼び名があり慣れ親しんだ呼び名でないとピンとこないかもしれません。祝い箸の他にも、柳箸・丸箸・太箸などとも呼ばれます。

祝い箸の特徴

お正月のおせち料理や婚礼、お食い初めの時などお祝い事のときに使う特別な箸の事を祝い箸といいます。祝い箸に使われている木の素材も普通の割り箸とは違い、柳などの白木を使用しています。柳の木が使用されているのにも意味があり、しなやかで折れにくい丈夫な木と言う事や、昔は柳の木は縁起のいい木と言われていた事などから、祝い箸には柳の木が使用されています。お箸の両端が細く、中央が太くなっています。その片方は人間(自分)が使い、反対側は神様が食べるために使うと言われています。長さは約4センチの八寸で、末広がりの「八」にちなんでいるそうです。その祝い箸は「寿」などのめでたい文字や水引などの装飾のついた箸袋に入っている事が多く見た目も華やかです。

祝い箸の入手方法

赤ちゃんが生後1カ月くらいの頃にお宮参りに行った方もいるかと思いますが、神社によってはその際に祝い箸や歯固め石を頂く場合もあります。普通に購入する場合は百貨店やスーパーで販売しているかと思いますので、確認してみましょう。ネットショップで販売している事もあるので、一度探してみるのがいいでしょう。その他にもお食い初め膳を提供している仕出し屋などでは、料理との配膳セットについていることもあるので、仕出し料理の注文を考えている方は祝い箸もセットになっているのかどうか予約時に確認できるといいですね。

 

祝い箸の正しい置き方と使い方

せっかく祝い箸を使う意味がわかっても、使い方が間違っていたらちょっと惜しいですよね。祝い箸の置き方や使い方を覚えて正しく使用しましょう。

箸置きの写真

祝い箸の置き方

まずは置き方ですが、普段使用しているお箸と同じ置き方で大丈夫です。祝い箸が袋に入った状態のまま、持ち手が右手側にくるようにして置きます。お膳の一番手前に置くようにしましょう。くれぐれも箸袋を折って箸置きにしないようにしましょう。

祝い箸の正しい使い方

祝い箸は箸先を汚さないように使用するのが良いとされていて、食事の際には箸の先から約3センチの部分を使うようにするといいとされています。大勢で食事をする際、お箸を逆さにして取り箸にする事があると思いますが、祝い箸の場合はそれは避けましょう。両方の先端が細くなっていて、どちら側を使ってもいいように思ってしまいますが、片側は神様が食べる時に使うとされているので、気をつけましょう。

 

お食い初めでの祝い箸の使い方

祝い箸についての基本的な事は分かりましたでしょうか?お食い初めの時に祝い箸を使いますが、お食い初めはお祝い膳を食べさせるマネをする儀式です。実際の使い方についておさらいしましょう。

 

お食い初めの儀式での使い方

用意したお祝い膳(食事)を箸でつまみ、赤ちゃんに実際に食べさせる真似をします。普段のお箸の持ち方が上手くできていない方は、この時だけでもきちんとした箸使いが出来るといいでしょう。赤ちゃんの口元まで食べ物を持っていきましょう。唇にちょこっとつけてもいいですが、まだ離乳食も始まっていない赤ちゃんなので、誤飲しないように十分に注意しましょう。

 

桜の箸置き写真

歯固めの儀式での使い方

歯固めの儀式では、歯固めの石に箸の先を当てて、「歯が丈夫になりますように」と願いを込めつつ、その箸先を赤ちゃんの口元や歯茎にそっと当てます。

 

祝い箸の用意は早めが吉

お食い初めを自宅で行う方はお料理から器、お飾りなど、用意するものがたくさんあって忙しいですよね。祝い箸はちょっと忘れられやすい存在なので、覚えているうちに準備できるといいですね。祝い箸は多めに購入しておいても、お正月に使用する事ができるので、無駄にはなりません。また、年の瀬になるとデパートやスーパーでは、お正月に向けて様々なメーカーの祝い箸を用意していたりもします。もし妊娠中にお正月のしめ飾り等買う機会があれば、ちょっと早いですが、気にいったデザインの祝い箸を一緒に見ておくのもおすすめです。年末でなくても、和小物を取り扱っている雑貨屋さんなどでも祝い箸を通年おいてあるお店もあるので探してみましょう。

関連の記事

正直屋のお食い初め写真投稿キャンペーバナー