お食い初めで使う「歯固め石」とは?入手方法と正しい使い方

歯固め石と書いてそのまま「はがためいし」と読みます。お食い初めの事を調べてから歯固め石の存在を知った、という方も多いのではないでしょうか。恐らくママの人生においても今後お目にかかるのも数回あるかないか、といったところ。今回の記事ではお食い初めの時に使用する歯固め石について入手方法からその使い方までご紹介し、赤ちゃんの大切な乳歯が丈夫な歯であるように願いを込める歯固めの儀式についてのご紹介もしていきます。

 

お食い初めで使う「歯固め石」とは

赤ちゃんが成長して生後100日頃にお食い初めのお祝いをしますが、一通り料理を食べさせる真似をした後に、多くの方が一緒にするのが歯固めの儀式です。その時に使用する小石の事を歯固め石と呼びます。

正直屋のお食い初めセットに入っている歯固め石

「歯固め石」とは

お食い初めで行う「歯固めの儀式」で使用する石が歯固め石と呼ばれています。「歯固めの石」とも言われており、同じ石の事を指します。その歯固めの儀式に使用する石については、石の大きさや形、色や数に正式な決まりはありません。一般的には丸い小石を1~2個程度と言われておりますので、儀式で使用する際には1個用意すれば十分でしょう。

歯固め石に込められた意味

お食い初めは一生食べ物に困りませんように、と願う儀式ですが、歯固めの儀式は、赤ちゃんに丈夫な歯が生えることを願うために行う儀式です。昔の人は歯が丈夫なことと、長寿であることを紐付けて考えられていたそうです。その為、石のように丈夫な歯が生え、長生きしますようにとの願いを込めて、石が用いられるようになったそうです。

 

お食い初めで使う歯固め石の入手方法

・神社で借りるかもらう

お食い初めのお祝いを検討されている方は、生後1カ月の頃に行うお宮参りを行った方もいらっしゃるかと思いますが、その際にお食い初めで使用する歯固め石や祝い箸をいただける神社もあるようです。その場合には石がご祈祷してある場合もあるようです。その他には、お家の近くの神社やお宮参りの際に訪れた神社、思い入れのある神社などでお食い初めの時だけお借りする場合もあります。境内でちょうど良さそうなサイズの石を拾い、お食い初め終了後に元にあった場所にお返ししましょう。

・河原で拾う

自宅の近くに河原がある方は、表面がつるつるしたなるべくきれいな石を拾い、熱湯消毒して使うのも良いでしょう。

・お食い初めセットを購入する

仕出し屋さんで鯛やお吸い物などのお食い初めのお祝い膳を用意してくれるところは歯固め石がセットになっている場合が多いようです。また、インターネットで販売しているお食い初めの料理と食器セットが一緒になっている商品などにも元々付属している場合もあります。その場合にも、神社でご祈祷済のものだったり、石を加工してあるものだったりと色々な種類があるようです。

神社のししおどし

お食い初めで使う歯固め石の主な代用品

実は歯固め石は、日本の中でも地方によって小石を使用するのではなく、他の物や食材を使用する場合もあります。その物に込められた意味はどれも同じように、硬く丈夫な歯が生えてくるように、とか長生きしますように、といった願いが込められています。小石に代わりとなる主な代用品をご紹介します。

タコ・アワビ・栗の実

タコは関西の地方でよく使用されているようです。タコはなかなか噛み切れないので、タコが噛みきれるくらい丈夫な歯が生えるように、とかタコの吸盤がまっすぐ綺麗に並んでいることから、きれいな歯並びになりますようにといった事から使用されているようです。アワビは岩手で主に使用されているようです。その他にも栗の実を使用する地方もあり、鮑や栗の実に関しても、鮑や栗が噛めるくらい丈夫な歯が育ちますようにとの願いが込められているようです。

碁石

食べ物ではありませんが、形状が小石に似ていて手軽に入手できる為、碁石を使用する地方もあるようです。表面もつるつるしているので、間違えても赤ちゃんの口に直接触れないよう、気をつけましょう。

紅白餅

お餅には「持ちがいい」「長持ちする」など、長持ち=長寿という言葉にかけて、長生きしますように、という意味が込められているそうです。紅白の色は縁起がいい事によく使用される為、紅白のお餅がより良いでしょう。

歯固め石の正しい使い方と使用後

歯固め石を準備したけど、実際に使用する場合にはどうやるのかやり方が分からない方へ、分かりやすく説明します。お食い初めではご飯を食べさせるマネをしますが、歯固め石の場合は食べさせるマネでは無いので注意しましょう。

歯固めの儀式の流れ

1.歯固め石に箸で触れる

2.「1」の箸先を赤ちゃんの歯茎にちょんちょんと優しくあててあげる

その際に、「石のように硬く丈夫な歯が生えますように」という願いを込めながら行いましょう。

 

儀式終了後の歯固め石

神社の境内でお借りして拾った場合は返却したほうが良いので、儀式が終わったら元の場所に戻しておきましょう。また、河原などから拾ってきたものも返しておきましょう。しかし、せっかくの記念なのでとっておきたい、という方もいるかと思います。仕出しや通販でお食い初めセットを購入し、歯固め石が一緒にセットになっていた場合や、歯固め石だけ購入した場合には捨てる必要はありませんので、赤ちゃんのお食い初め記念として残しておくといいでしょう。石を残しておくかどうかでも、歯固め石を入手する方法が変わってきますね。

生後100日のお祝いは歯固めも一緒に

お食い初めのお祝いというと、豪華なお祝い膳のイメージが強いかもしれませんが、せっかくなら歯固めの儀式も一緒に行うのがいいかと思います。まだ見ぬ赤ちゃんの乳歯が丈夫で硬い歯がしっかり生えてきますように、と願いを込めてあげましょう。赤ちゃんの乳歯が生えるのは生後6カ月頃からが多いといいますが、早い子だと生後3カ月くらいから生えてくる子もいるようです。前歯がちょこんと歯茎から生えてくる日が待ち遠しいですね。

関連の記事

正直屋のお食い初め写真投稿キャンペーバナー